阪神高速技術株式会社
阪神高速技術株式会社

研修制度

さまざまな研修で社員育成をバックアップします。

新規採用研修、階層別研修、技術系研修などさまざまな研修を実施しています。

新規採用研修

新規採用者を対象とした、ビジネスマナーや事業内容等についての研修。

メンターメンティ研修

他部署の先輩社員が若手社員の仕事上における悩みや不安の相談相手になり、指導・育成する制度。

階層別研修

若手・中堅・管理職等、会社が各階層に求める(期待する)役割を社員に理解させ、役割遂行に必要な能力を育てることを目的とした研修となり、社員一人一人の育成と組織の成果をつなげる研修制度。

企画提案型海外研修

海外に関する知見を広めることや、会社事業に関連する知識や技術の習得を主目的とし、自らで企画提案し、海外の国際学会や技術提携を結ぶ海外道路会社等で研修を受ける制度。

外部機関研修

外部で行われている、業務に関係する研修・講習等を受けられる制度。

技術系研修『みちもり塾』

下記の4項目を目指す姿とした、土木構造物や施設の維持管理技術、安全衛生、技能に関する研修制度。

【目指す姿】

  • 阪神高速道路のメンテナンス、エンジニアリング部門を担う高度な人財の育成
  • 各部門におけるスペシャリストの育成
  • 阪神高速技術グループで施設維持管理全般の点検補修をこなせる人財の育成
  • 対外的な道路の維持管理もこなせる人財の育成

【研修の種類】

  • 階層別研修(技術、安全、倫理、積算等)
    • 第1階層:新入社員~ 3年程度の全社員(事務・技術問わず)
    • 第2階層:入社4年~ 7年程度の土木系・施設系社員
    • 第3階層:入社8年~ 10年程度の土木系・施設系社員
  • スペシャリスト育成研修:第3階層研修修了者(高度な専門的知識を教育)
  • 資格取得研修(技術士、施工管理技士 等)
  • 技能教育(電気取扱業務特別教育、除雪車両訓練 等)

写真:研修の様子

人材育成・福利厚生 トップへ