事業内容 | 阪神高速技術株式会社

阪神高速技術株式会社

  • 小
  • 中
  • 大

事業内容

HOME事業内容

事業内容

阪神高速道路を守りつづけてきたきた全てのノウハウを集約し、
あらゆる”道”の維持管理に応えます。

1.道路・橋梁などの維持管理

1 道路・橋梁などの維持管理

道路といっても構造物は多岐にわたり、それぞれの損傷状態を把握し処置していくことが、道路を維持管理していく上で重要です。

2 調査点検・保守計画

日常点検、定期点検など常に構造物の健康状態を把握し、計画的な保守を行っていくことが重要です。

3 補修設計・工事

効果的で効率的な補修設計の作成には、調査や点検の結果を正しく評価判定することが重要です。

4 トータルマネジメント

構造物を長期的に維持管理していく上でライフサイクルコストを考慮し計画的に行うことが、管理コストを抑えるためにも重要です。

道路管理に関わる各種業務

高速道路の維持管理で培った高度な技術力を活かし、一人でも多くの方に技術を普及できるよう活動を行っています。

損傷を放っておく後々、大きな事故につながる可能性があります
損傷事例
現在、準備中です。

施設に関わる業務

道路が機能するためには、電気や設備関係が欠かせません。阪神高速道路はこれらの設備関係についても業務を行っています。
電気通信設備
機械設備
建築設備

環境に関わる取り組み

阪神高速技術は「建設汚泥」部門のリサイクル率向上目指して新しい仕組み作りに挑戦しています。
発生土再生活用事業

Page Top